FX取引を行う中で必ず出てくるFX用語の中で基礎のものをピックアップして詳しく解説

FXの基礎中の基礎用語
FXの基礎中の基礎用語メニュー
「Pip」って何?
FXというものに興味をもっている方も、たくさんいらっしゃると思うのですが、言葉の難しさ、あるいは、その仕組みをあまりちゃんと理解できなくて、もういいやとなってしまうという方も、中にはいらっしゃるかもしれません。FXの基礎中の基礎用語「Pipって何?」などの質問はFXに慣れていらっしゃる方ならば、そんな基本中の基本をなぜ知らないんだと、笑ってしまうかもしれませんが、実際のところ、初めてFXに、挑戦しようと思っていらっしゃる方にとっては、なかなか難しいことなのではないかと思います。

では、その「Pip」について開設したいと思います。Pipというものは、取引レートでの言葉で、最小単位を表しているものです。ここに複数のsがつくと、Pipsとなります。いわゆる、ポイントと同じ意味と考えていればいいのではないかと思います。主に、業者の利ざやを表現する言葉、単位として、スプレッドというものが使用されているのですが、その単位を表しているものです。

でも、なかなかこういった説明を聞かされても理解が難しいというところもあるのではないかと思います。しかし、それを理解しようとする気持ちがないと、FXを成功に導くのも難しいのではないでしょうか。